「それで全力か?」と、自分で自分に問いかけ続ける。

女子アナウンサーになりたい。 それは他のアナウンサー志望者も同じです。 では、どんな違いが、内定する人と、内定しない人を分けるのでしょうか。 それは、「情熱を形にできるかどうか」です。 「アナウンサーになりたい」と思っていても、自己

全力を出すのは、今しかない。

「アナウンススクールに通うのは、お金がもったいないので、いきたくありません。アナウンススクールに通わずに内定した先輩もいますし」という人がいます。 「地方局を受験するのはお金がかかるので、アナウンサーの夢は諦めようと思います」という人もいます。 そ

あきらめなければ、夢は必ず叶う。

「夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ」(高橋歩)という言葉があります。 アナウンサーの夢は、いつもそこにあります。 動くことはありません。 にもかかわらず、「キー局のエントリーシートが通過しなかったから」「10社連続で落ちたから」といった理由で
伝説の女子アナ就職本
カテゴリ一覧