「アナウンススクールに通うのは、お金がもったいないので、いきたくありません。アナウンススクールに通わずに内定した先輩もいますし」という人がいます。

「地方局を受験するのはお金がかかるので、アナウンサーの夢は諦めようと思います」という人もいます。

そういう方に言いたいことがあります。


「あなたの夢は、しょせん、その程度なのですか?」と。


絶対に絶対に譲れない夢ならば、時間もお金も、すべてを夢のために投入するのが、当たり前です。
地方局受験のために200万円も、アナウンサーになれるなら安いです。

裏口入学のように、1億円テレビ局に積んで内定させてくれるなら、安いです。

ですが、1億円を払っても、あなたを女子アナウンサーにしてくれるテレビ局はありません。

ということは、女子アナウンサーに内定するということは、1億円以上の価値があることなのです。

アナウンサーになれるかどうかで、あなたの人生は、全く違うものになってきます。

アナウンサーになれば、プロ野球選手と結婚できるかもしれませんし、芸能人とも知り合うことができます。

「ファンです」と言って会うのではなく、共演者として会うことができます。

アナウンサーになれば、一流の人と、対等の関係として、出会うことができます。

一般企業のOLになるか、テレビ局のアナウンサーになるかで、あなたの人生は大きく変わります。

プロ野球選手や芸能人と結婚し、有名人の友達に囲まれるのが当たり前になって生きるか、普通の男性と結婚し、普通の友達と過ごすか。

もちろん、何度も人生があるのであれば、後者を選択するのもいいかもしれません。

ですが、せっかくあなたが女性に生まれ、今現在大学生で、アナウンサー試験を受けられるチャンスがあるのなら・・・

シンデレラになれるチャンスは、人生で、今だけなのです。