あなたが女子アナウンサーになる5つのメリット4、ニュースからバラエティまで、幅広く仕事ができる。

1年だけでも、アナウンサーになる価値がある。

「女子アナになる」というと、一生、その会社で勤め上げなければいけないと考えている人がいます。 もちろん、将来アナウンス部長になっていくという女子アナウンサーもいます。 ですが、たいていの場合は、30歳前後に会社を辞めてフリーになります。

真面目に原稿を読むだけではなく、フリートークが面白い女子アナウンサーが人気になる。

「私はチャラチャラした女子アナウンサーが嫌いなんです。ニュース原稿を読んだり、ナレーションを読んだりだけが、したいんです」という女子アナ志望者がいます。 「これしかやりたくないんです」という人は、アナウンサーには向いていません。 なんでもやるのが、

アナウンサーの仕事を通じて、人間としての幅が広くなる。

アナウンサーは、ニュース原稿も読みますし、バラエティ番組のアシスタントもこなします。 中継リポーターをしていると思ったら、翌日には、ラジオパーソナリティーとして、音楽番組を担当しているということも、しょっちゅうです。 幅広い仕事をこなすことのメリッ
伝説の女子アナ就職本
カテゴリ一覧