アナウンサーは、ニュース原稿も読みますし、バラエティ番組のアシスタントもこなします。

中継リポーターをしていると思ったら、翌日には、ラジオパーソナリティーとして、音楽番組を担当しているということも、しょっちゅうです。

幅広い仕事をこなすことのメリットは、人間としての幅も広くなるということです。

政治にも詳しくなりますし、最新のヒットチャートも知ることができます。
「私は野球にしか興味がないんです」という方もいるかもしれませんが、興味がない分野についても、仕事なので、調べることになります。

ラグビーにはまったく興味がなかったとしても、ラグビー中継のリポーターをすることになれば、ラグビーのルールを学ばなければいけません。

普通の人生であれば、自分の興味がある分野だけを学んで、生きていくことになるでしょう。

少女漫画が好きならば、少女漫画だけを読み続けて生きていくことができます。

ゲームが好きならば、ゲームの世界だけにどっぷりつかって生きていくこともできるでしょう。

ですが、アナウンサーは、そういうわけにはいきません。

政治も、経済も、芸能人の名前も、音楽も、野球も、オリンピック競技も知っている必要があります。

そのために、常に勉強ばかりをしているのがアナウンサーの仕事です。

「新しいことは知りたくない。自分の興味があるものだけを追求したい」という方は、アナウンサーには向いていません。

「いろいろなジャンルを勉強するのが楽しい。新しい分野に挑戦したい」という好奇心の強い方が、アナウンサーに向いているのです。