本当に私がアナウンサーになれるの? という5つの不安1、ルックスに自信がありません。大丈夫でしょうか。→ルックスは重視されるが、内定条件ではない。

あなたが美人ではなかったら、それはメイクさんの腕が悪いせいだと開き直ろう。

失礼な話をして恐縮ですが、世間で「美人アナウンサー」と言われる人でも、実際に会うと、美人ではないというケースもよくあります。 よく、ではなく、かなりあると言っても、過言ではありません。 お化粧をせずにテレビ局に現れ、「誰だ! お前は!」と、元の顔が

カメラ映りを極めれば、もともとのルックスに関係なく、内定できる。

極端なことを言えば、ルックスがよくなかったとしても、カメラ映りさえよければ、美人に見えます。 普段は美人でも、カメラに映るとあまり美人ではないと思われる人もいます。 ビデオで撮影して、表情のチェックをしてみましょう。 たいていは顔がこわばって

表情が硬い美人よりも、表情が豊かな人が、内定する。

いくら美人でも、ムスッとしていたら、不機嫌のように見えるので、アナウンサー試験では落ちる危険性があります。 それよりも、表情が豊かで、笑顔がかわいい女性のほうが、視聴者に好かれます。 人気になる女子アナウンサーは、美人で冷たそうなタイプではなく、見

スタイルが良すぎることが、不利になることもある。

美人モデルならば、有利かというと、「身長が高すぎて、隣で話す男子アナウンサーとの釣り合いが取れない」という理由で落ちる可能性もあります。 美人でも、身長170センチ以上であれば、不利になります。 身長が低い分には、台に乗ればごまかせますので、大丈夫

ルックスに自信がなくても、女子アナウンサーになれる。

「できることなら、アナウンサーには、なりたいです。でも、私程度のルックスでは無理なのではないでしょうか」と、容姿を気にして諦めてしまう方がいます。 確かに、美人アナウンサーと自分を比べたら、劣っていると感じてしまう気持ちはわかります。 ですが、アナ
伝説の女子アナ就職本
カテゴリ一覧