正しいアナウンススクールとの付き合い方

2つ以上の、個人指導のアナウンススクールに行かない人が、内定できる。

アナウンススクールは、キー局の集中講座にも行くのはいいですが、ほかのアナウンススクールと掛け持ちしていると、指導者から嫌われます。 先生を一人(アナウンススクール内で2人)に絞るのが、先生に対する礼儀です。 「ほかのスクールでは、こう言われたんです

「わらをもつかむ気持ちで」は失礼だと気づく。

「石井先生のところに、わらをもつかむ気持ちで会いに来たんです」 という方に、何人もお会いしました。 ひどいときには、4人の受講者がいて、4人全員から「わらをもつかむ思いで」と言われたことがあります。 アナウンススクールの先生は、ほとんどすべ

レッスン日とアルバイトの日がかぶったら、アルバイトをやめる。

私が学生時代、山本勉強会の若林先生から、叱られたことがあります。 「今度の土曜日は、神宮球場で、野球実況の特別レッスンをします」と言われた時に、「すみません。その日はバイトがあるので」と言ってしまったのです。 「そうか。わかった。じゃあ、石井はもう

レッスン日は、生放送と同じだと考える。

アナウンススクールのレッスン当日に休むのは、「生放送のオンエアに行かない」ということと同じです。 「地方局の2次試験のために、前日入りします」というのであれば、休む理由として正当ですが、放送当日以上に大切な予定など、学生には存在しません。 「テスト

欠席の理由で、「親が病気で」「おばあちゃんが危篤で」は使ってはいけない。

欠席をするときに、「親が病気で倒れて」「おばあちゃんが危篤で」という言い訳をする方がいます。 もちろん、万が一、本当ならばいいとは思うのですが、たいていはウソです。 以前、ある大学教授が「今度テストをします」といったところ、テスト当日に、20人

学生のうちから、プロのアナウンサーとして行動する人が、内定する。

せっかく「運命の指導者」に出会っても、あなたの行動次第で、「運命の指導者」ではなくなってしまう場合があります。 礼儀がなっていなかったり、無意識に失礼な態度を取ってしまうと、先生から相手にされなくなります。 ほかにも情熱のあるアナウンサー志望者は大

1日集中講座、2日間集中講座、3日間集中講座はお得だ。

キー局主宰のアナウンススクールは、集中講座がお得です。 遠方に住んでいても、3日間であれば、参加しやすいです。 集中講座に参加しても、毎週の講座に参加しても、先生があなたに費やしてくれる時間は、変わりません。 ならば、集中講座を狙ったほうが、

時間あたり、どれだけ自分に使ってくれるのか?で料金の高い、安いを考える。

「1時間2万円のマンツーマンレッスンですというアナウンススクールは、高いでしょうか」という相談を受けたことがあります。 自分のために、先生が時間を使ってくれるのであれば、1時間2万円でも安いと考えられるかどうかが、内定する人としない人の違いです。

あなたを内定させてくれる「運命の指導者」に早く出会える人が、内定できる。

大学1年の9月以降になったら、アナウンススクールの体験授業に、実際に行ってみましょう。 もちろん、一つ目のスクールで、運命の指導者に出会えたら、ラッキーです。 少しでも「違うな。この先生では、私を内定させることはできないな」と思ったら、次のスクール
伝説の女子アナ就職本
カテゴリ一覧